« ゴメンナサイ | トップページ | コメント・トラックバックについて »

2007.02.23

Christina Aguilera について

Madonnaの'Sorry'が好き、と言ったその舌も乾かないうちに、クリスティーナ・アギレラ再びです。
マドンナ様、ゴメンナサイ。

 

Back to Basics Back to Basics

アーティスト:Christina Aguilera
販売元:RCA
発売日:2006/08/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仕事を終え、夜道をiPodで彼女の歌声を聞きながら帰る途中、やっぱり凄いことに今更ながら何度も何度も聞き惚れてしまう。
今日も仕事場ではずっと彼女の曲を流していた。
やっぱりとっても上手いのです。そう思います。

帰宅してからネットで彼女のことを調べてみた。
ほとんど知らなかったので、ここにメモしておく。

Christina Maria Aguilera

1980年12月18日、ニューヨーク州スタテンアイランド 身長: 158cm

エクアドル出身のアメリカ陸軍軍曹の父ファウストとドイツ系アメリカ人のヴァイオリニストの母シェリーとの間に生まれる。両親とともに世界中様ざまな場所で暮らした後、ペンシルバニア州ウェックスフォードで育つ。
3〜6歳まで日本に滞在していた(その後離婚)。
父親から虐待を受けた過去を持ち、その後の成長に影響を及ぼしたようである。

1990年3月、「スター・サーチ」(Star Search)というタレント・コンテスト番組に出演するが合格せず。同年、ピッツバーグ・スティーラーズNFL)とピッツバーグパイレーツMLB)の試合の前に国歌を歌う。

12歳から14歳までは、後にスターとなるブリトニー・スピアーズやケリー・ラッセル、NSyncジャスティン・ティンバーレイクジョシュア・スコットらと共に、Mickey Mouse Clubのショーにも出演。

1997年、彼女の最初のシングルは中西圭三とのコラボレーションシングル「All I Wanna Do」で、日本でも彼女のビデオが流れ、ツアーも行われた。

1998年、ディズニー映画「Mulan」の主題歌「リフレクション(Reflection)」のオファー(「高いEの音が出せるか?」というもの)に応え、RCA レコードと契約。

1998年10月、デビューアルバム「クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)」をリリース。全世界で2300万枚のセールスを記録する。 このアルバム中の曲「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」は、観月ありさが「Love Potion」としてカバーしナースのお仕事4の主題歌となった。 また、この時のツアー衣装を日本のTV番組ASAYANタイアップし、デザイナーのごあきうえが衣装をデザインする事になった。

アルバムの収録曲「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」、「ホワット・ア・ガール・ウォンツ (What A Girl Wants)」、「カム・オン・オーヴァー・ベイビー (Come On Over Baby)」は全米で1位を獲得。

1999年のグラミーの最優秀新人賞(Best New Artist)を、ブリトニーなどの強敵を抑え受賞した。

その後、リッキー・マーティンとのデュエット曲 「ひとりにしないで (Nobody Wants To Be Lonely)」がリリース。

ミッシー・エリオットによるプロデュースで映画「ムーラン・ルージュ」の主題歌、「レディー・マーマレード」でリル・キムやP!INK、マイアと競演。クリスティーナがメインと言っても過言ではないポジションであった。全米1位はもちろん、グラミー賞も獲得。

2001年2月、スペイン語アルバム 「ミ・リフレホ (Mi Reflejo)」をリリース。ラテングラミーで最優秀ポップボーカルアルバムを受賞。

2002年、セカンドアルバム「ストリップト (Stripped)」を発表。全世界で1000万枚のセールスを記録する。

ラッパーのリル・キムをフィーチャーするなどし、パワ フルなR&Bやポップ、彼女の歌唱力が映えるバラード等、様々な楽曲を収録。このアルバムタイトル同様、彼女の歌詞は赤裸々なものになった。メイ クや服装もデビュー当時の清純なイメージから露出度の高い派手なものにかわったが、これはブリトニー同様しばしば批判されることもある。反面、父親による 暴力におびえた幼年時代の告白、社会的弱者への共感を歌った「ビューティフル (Beautiful)」などが高く評価され、ブリトニーとは異なる土壌にあることを強く表明した。 ファッションに関しては2003年前後には生来ブロンドの髪を黒く染め、ゴシックさを強調したり、50年代のマリリン・モンロー風にしたりとその変換幅は大きい。

2004年、喉の疲労でチンギーとのツアーをキャンセル。 この年のMTV VIDEO MUSIC AWRADSではマドンナとのKISSシーンという衝撃的なステージを披露。 ミッシー・エリオットのプロデュースとラップでフィーチャーした「カー・ウォッシュ (Car Wash)」を発表。「シャークテイル」の主題歌に起用される。

2005年に音楽事務所勤務のジョーダン・ブラッドマンと結婚した。 ハービー・ハンコックのアルバムで、レオン・ラッセルの名曲「A Song For You」をカバーし、グラミーでハービーとの競演を果たした。

2006年、アンドレア・ボッチェリのアルバムに参加。クラシカルなボーカルにも挑戦し、高く評価される。

8月9日には、オリジナル英語アルバムとしては4年ぶりとなる「バック・トゥ・ベーシックス (Back To Basics)」が日本でリリースされ、TOP10に入るヒットとなっている。ザ・世界仰天ニュースのエンディングとして使われていたエイント・ノー・アザー・マンが収録されている。

2000年10月リミックスアルバム「Christina Aguilera Remix Plus」
2000年11月クリスマスアルバム「My Kind Of Christmas」

日本公演

受賞暦

  • グラミー賞
    • 2000: Best New Artist
    • 2002: Best Pop Collaboration With Vocals - 「Lady Marmalade
    • 2004: Best Female Pop Vocal Performance - 「Beautiful
    • 2007: Best Female Pop Vocal Performance - 「Ain't No Other Man

オフィシャルサイト
http://www.christinaaguilera.com/
http://www.bmgjapan.com/christinaaguilera/

|

« ゴメンナサイ | トップページ | コメント・トラックバックについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/5452181

この記事へのトラックバック一覧です: Christina Aguilera について:

» It's A Man's, Man's, Man's World [pinkopaque/weblog]
第49回グラミー賞授賞式の再放送を録画したのを見た。 前日、生放送でポリスのオ [続きを読む]

受信: 2007.02.28 02:45

« ゴメンナサイ | トップページ | コメント・トラックバックについて »