« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の26件の記事

2007.02.28

「パリ、テキサス」

 

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 DVD パリ、テキサス デジタルニューマスター版

販売元:東北新社
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


本日届きました。
ヴィム・ヴェンダース監督作品。
主演は「エイリアン」で修理工などの名傍役ハリー・ディーン・スタントンとナスターシャ・キンスキー。

続きを読む "「パリ、テキサス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.27

アカデミー賞から離れて

 WOWOWで字幕入りの再放送を見ています。
 今年で79回目のようですが、50年前に作品賞候補のすべてがカラー作品になった年でもあり、外国語映画賞が設けられた年でもあるそうです。
プレゼンテイターとしてカトリーヌ・ドヌーブと渡辺謙が一緒にステージに上がってそう紹介していました。
 外国語映画賞50周年を記念して、過去50年の外国語映画賞受賞作品をコラージュしたフィルムが放映されました。
 そのフィルムを構成したのが「ニュー・シネマ・パラダイス」を監督したジュゼッペ・トルナトーレ (Giuseppe Tornatore, 1956.05.27-) です。
これがとっても素晴らしい〈作品〉でした。
Giuseppetornatore  おそらく音楽は「ニュー・シネマ・パラダイス」や「マレーナ」の音楽を担当したエンニオ・モリコーネ (Ennio Morricone, 1928.11.10-) だろうと思いますが、その音楽と映像が相まってとてもいい雰囲気の作品に仕上がっています。
 エンニオ・モリコーネもこの日、アカデミー名誉賞を受賞しました。
 400本の映画を手掛けたという映画音楽界の巨人と言っていいでしょう。
 個人的にエンニオ・モリコーネの中では「Once Upon A Time In America」が好きで、よく聴いています。この映画の監督はマカロニ・ウエスタンという分野を確立したと言っていいセルジオ・レオーネ (Sergio Leone, 1929.01.03-1989.04.30) の遺作となる作品ですが、レオーネ第2作目に当たる「荒野の用心棒」以後すべての作品の音楽を担当している。彼らは小学校の同級生だった。

 話をアカデミー授賞式に戻そう。
 作品賞候補に助演女優賞にノミネートされながら受賞を逃した菊池凛子が出演している「バベル」がある。授賞式では作品賞候補を紹介するコーナーがあるが、その中でも「バベル」はぼくの好きそうな映画のようです。
 4つの物語を描いているらしいのですが、そういう複数の物語による構成が好きなのです。
 そういう作品の中でも最も好きなひとつが「マグノリア」です。他にも今思いつくままに挙げるとニコール・キッドマンがアカデミー賞を受賞した「めぐりあう時間たち」「トラフィック」「マルホランド・ドライブ」など好きな作品です。
 戻すつもりが、また離れてしまった。

続きを読む "アカデミー賞から離れて"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

「建築ノート No.2」

02495pjpeg 誠文堂新光社が発行している「建築ノート No.2」を購入しました。

表紙は坂本昭自邸「白翳の家」。もちろん本文でも特集されています。

特集1〈コンセプチュアルに生きる〉に住宅建築の快作6題として、

・原広司「原邸」
・山本理顕「GAZEBO」
・坂本昭「白翳の家」
・室伏次郎「STUDIO K(小暮邸)」
・大谷弘明「積層の家」
・小川広次「阿佐谷南の家」

が取り上げられています。



Book SEIBUNDO MOOK 建築ノート No.2

販売元:誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "「建築ノート No.2」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「テス」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」

テス プレミアム・エディション DVD テス プレミアム・エディション

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2005/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ DVD ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この何の関係もないふたつの映画はぼくにとって密接な関係を持っている。

続きを読む "「テス」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

ヴォジャンスキー『ル・コルビュジエの手』

 

ル・コルビュジエの手 Book ル・コルビュジエの手

著者:アンドレ ヴォジャンスキー
販売元:中央公論美術出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ぼくの大学の先生、白井秀和が翻訳した新刊『ル・コルビュジエの手』をようやく入手しました。
大きめの文字でとても読みやすそうです。

いぞいぞ書店でも取り扱っています。
http://astore.amazon.co.jp/izoizo-22/249-4069543-8377120?%5Fencoding=UTF8&node=8

ぜひ一度ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.25

クリスティーナ中毒

グラミー賞のステージ・パフォーマンスを見て以来、完全にクリスティーナ・アギレラ中毒になってしまった。
事務所にいる間中ずっと聞き続けてる。
はじめて彼女のCD「Stripped」を買った当時もそうだったので、今回で二度目の中毒症状です。今回はかなりの重症の気がする。
多分テレビを見ている時以外はほぼ聞き続けている。
風呂にiPodを持って入ろうかと思うほどです。ミクシィの「ミュージック」欄はついに彼女の曲しか表示されなくなった。総合ランキングもU2を抜いてしまった。
こんなぼくですが、暖かく見守ってください。冷ややかな視線を向けないでください。ある意味病人なわけです。

さて、今夜は週に一度の楽しみのひとつ、どこが華麗やねん!ドロドロやん!の華麗なる一族です。もちろんカレー食べながら〜華麗なる泥沼一族です。

もうひとつ。
話は金曜に遡る。夕方携帯に着信履歴があったので電話してみると、今度は先方が出てこない。ま、よくあることだけど。
それから一時間くらいして架かってきた。
大阪のみならず誰でも知っている巨大プロジェクトを手伝って欲しいというものです。
それデカ過ぎまっせ。
できまっか? ぼくに。
とにかく明日か明後日話を聞きに行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.24

エリン・ブロコビッチ

 

エリン・ブロコビッチ DVD エリン・ブロコビッチ

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ERIN BROCKOVICH(2000・米・☆☆☆☆)
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジュリア・ロバーツ

アカデミー主演女優賞獲得作品(ジュリア・ロバーツ)

続きを読む "エリン・ブロコビッチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

コメント・トラックバックについて

pinkopaque/weblogにお立寄り頂きありがとうございます。

記事の内容によっては、スパム業者からのスパムトラックバックが入ってしまう事があります。
対策としまして、

続きを読む "コメント・トラックバックについて"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Christina Aguilera について

Madonnaの'Sorry'が好き、と言ったその舌も乾かないうちに、クリスティーナ・アギレラ再びです。
マドンナ様、ゴメンナサイ。

 

Back to Basics Back to Basics

アーティスト:Christina Aguilera
販売元:RCA
発売日:2006/08/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "Christina Aguilera について"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.21

ゴメンナサイ

 

Sorry Music Sorry

アーティスト:Madonna
販売元:Warner Bros / Wea
発売日:2006/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Madonnaの最新作 "Confessions On A Dance Floor" がかなりのお気に入りです。
マドンナのベスト盤よりもいい曲が多いのではないかと思っています。
この中で一番好きなもの選ぶのはむつかしいんだけれど、今日は 'Sorry' が最も好きな曲のひとつです。

続きを読む "ゴメンナサイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.20

やられた!

Lefthand_3 Righthand_1

今朝、レムに薬を飲ませた時にやられました。
錠剤で1錠と半錠ありますが、1錠めはなんとか飲ませたものの、残り半錠を飲ます時に猛烈に暴れ、ぼくと家内を深く傷つけ、納戸の奥深くに隠れてしまい、投薬不可能になりました。

もちろんまだしみて痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アピス神戸は八光に。

昨日、「アピス神戸は八光に。」と書かれた封筒が届きました。

開けてみると、僕らが乗っている車のディーラーであるアピス神戸が八光に統合されてしまったようです。

続きを読む "アピス神戸は八光に。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

おすすめの本、音楽、映画

いま気づいた。
左の「リンク」欄の〈おすすめの本、音楽、映画〉のリンク先URLが間違っていたので、別のところに飛んでしまっていました。
こちらでぼくがおすすめの本、CD、DVDを紹介しています。
ぜひ一度お立ち寄りください。

ちなみに、その下にある〈いぞいぞ堂書店〉は建築やデザイン系の書物を中心に紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレクトラ


エレクトラ

ELEKTRA (rating: ☆☆ by pinkopaque)
2005年アメリカ/監督: ロブ・ボーナン/出演: ジェニファー・ガーナー

『デア・デビル』に登場したヒロイン、エレクトラを主人公にしたスピンオフ作品。

続きを読む "エレクトラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.16

先日のジュリー

Julieonshelf1_1 Julieonshelf2_1

Julieonshelf3_1








続きを読む "先日のジュリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

It's A Man's, Man's, Man's World

Christina_49grammy_1 第49回グラミー賞授賞式の再放送を録画したのを見た。
前日、生放送でポリスのオープニング・パフォーマンスだけはみていたけれど、それから外出したので、次の日に字幕も入った再放送を録画しておいて、見直しました。

オープニング・パフォーマンスをポリスがするというのは直前まで知らなかった。
ポリス再結成ということらしい。
もし3曲なら、"Message In A Bottle", "Walking On The Moon", "Roxanne"だろうなとか、始まるまでのわずかな時間に思い巡らせていた。
ところが、結果的には"Roxanne"の1曲だけだった。
ちょっとがっかり。というか、もったいないやん、せっかくの機会なのにもう少しやってくれてもいいんじゃないのか。

去年のグラミー賞はロック50周年ということもあってか、ぼくの大好きなU2が数多く受賞し、U2の年となった。オープニング・パフォーマンスはマドンナの"Hung Up"で、凄くよかった。
基本的に好きなアーティストの音楽しか聞かないので、音楽情報には疎いので、今年は誰がどうなのかは知らないし、実際あまり知らないアーティストばかりだった。
結果的には、Dixie Chicksの一人勝ちのような結果だった。

再放送は2時間半にまとめられていたんだけれど、一番すばらしかったのは、クリスティーナ・アギレラの"It's A Man's, Man's, Man's World"のパフォーマンスだった。
クリスティーナが凄く上手いのだ。
半端じゃない。
完璧に歌っていた。


 

ストリップト Music ストリップト

アーティスト:クリスティーナ・アギレラ,リル・キム
販売元:BMG JAPAN
発売日:2002/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


クリスティーナとの出会いは、ちょっと不純なものだった。
上の写真にある"Stripped"というアルバムのジャケット買いをしたことに始まっている。
エロい写真にクラッと来てしまったからだ。
ところが聴いてみると最初の不純な気持ちは吹っ飛んでしまった。
とにかく上手いのだ。

今回のグラミー賞でも合間に入るCM前の予告で彼女が登場することを知り、楽しみにしていたけれど、期待を遥かに超えるパフォーマンスでした。

この曲を歌っているアルバムがあるのかと調べてみたら、昨年亡くなったジェームズ・ブラウンの曲でした。
オリジナルは聴いたことがないけれど、機会があれば聴き比べてみたいと思います。

とにかく、彼女の来日コンサートには万難を排して行ってみたい。

続きを読む "It's A Man's, Man's, Man's World"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.14

勤務先の新しい仲間

Plant_at_izoizo

バレンタインデーです。
今日は朝から梅田に出かけていました。
事務所には夜の9時前くらいに到着したら、事務所の扉の前にまるで墓碑のような黒いモノリスが立っていました。そこに義理チョコが乗っかっていました。ありがとうございます。

そのモノリスが結構な重量になっています。
やっとのこと部屋の中に入れて撮ったのが左の写真です。

続きを読む "勤務先の新しい仲間"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.12

フライトプラン

 

フライトプラン DVD フライトプラン

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

FLIGHTPLAN (rating: ☆☆☆)
2005年アメリカ/監督:ロベルト・シュヴェンケ/出演:ジョディー・フォスター

ジョディ・フォスターが挑んだサスペンス・アクション。

続きを読む "フライトプラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.10

坂本昭講演会

京都府建築士会が主催する建築家セミナー「うつろいの中の建築・坂本昭講演会」に行ってきました。
京都大学百周年時計台記念館にて、14:30開演でした。
慣れない京都を阪急河原町駅を出て、バス停をうろうろ探してゆらゆら揺られながら、ぎりぎりの到着です。
内容は、基本的に坂本昭作品を年代を追って説明していくものなので、ここには書きづらく、残念ながら触れずにおこうと思います。

今日のブログは講演会後の日記となります。

続きを読む "坂本昭講演会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンス・J・ウェグナー死去


ハンス・ウェグナーの椅子100

デンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナーが1月26日に死亡していました。1914年生まれで92歳の大往生です。
ウェグナーがデザインしたYチェアは最も好きな椅子のひとつで、ダイニングチェアとしてぜひひとつ購入したいと考えていたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

アクティ大阪の外壁

Actyopen

過日(2007.01.24)昼過ぎ、昨日昼過ぎにJR大阪駅前の交差点で信号待ちしているときに、ふと見上げると、こんな光景が。

一体なんなんだろう。

続きを読む "アクティ大阪の外壁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

環境人間学的建築勉強会


Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974

月に一度程度開催される兵庫県立大学と竹中工務店が主催する「環境人間学的建築勉強会」に参加してきました。

続きを読む "環境人間学的建築勉強会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.06

MacBookはやっぱり黒がいい

Ipodshuffle20070130

iPod Shuffleにいろんな色が出たんですね。


 


Apple MacBook Core2 Duo2.0GHz/ 13.3TFT/ 1GB/ 120GB/ SuperDrive DL/ Gigabit/ AMex/ BT/ DVI Black [MA701J/A]

続きを読む "MacBookはやっぱり黒がいい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

Otl Aicher



Otl Aicher


本日、amazonから届きました。
Otl Aicher(オトル・アイヒャー : 1922-1991)の本。
ハードカバーの分厚い本です。
ウルム造形大学の学長を務めていた彼は、LufthansaのCI、ミュンヘンオリンピックのピクトなどで世界的に最も有名なグラフィックデザイナーの一人です。
彼の名前を知ったのは、実はごく最近でした。
1989年、ベルリンの壁崩壊を記念してつくったと言われる「Rotis」フォントで、このなんとも美しいフォントをデザインしたのは誰だろうと思って調べたら、彼の名前が出てきました。
なかでも、Rotis Sans Serifと言うフォントが大好きで、この本にもこのフォントが使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

【竹中平蔵講演会】講演内容

講演内容を少し詳しくまとめてみました。

続きを読む "【竹中平蔵講演会】講演内容"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Welcome to pinkopaque/weblog

pinkopaque/weblogへようこそ!

 

お立寄りの記念に一言頂けると幸いです。

続きを読む "Welcome to pinkopaque/weblog"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »