« 役員報酬について | トップページ | オーダーシャツ »

2007.03.28

プロフェッショナル・宮崎駿

昨日NHKで放映された「プロフェッショナル・宮崎駿」はなかなか見応えがあった。
多分、相当視聴率が高かったんではないだろうか。
世界の頂点にまで立った一流のクリエーターの創造の現場を垣間見れるというのは嬉しい。
人は天才あるいは飛び切りの一流の人がどういうプロセスでその作品を創っているのかということにはただならぬ関心があることだろうし、ぼくもその一人だ。

全編瞬きを許さないほどに見入っていた。
宮崎駿の創造の現場をテレビで放映されるのは初めてではないし、機会があれば必ず見るようにしている。
彼の発する言葉にはずしんとくる重みのあるものが少なくない。
今回も心に沁みる言葉が数あった。
「嘘をついて創ってしまうと、自分にはね返ってくる」
「そもそも映画を創るという行為は孤独で追いつめられないと出てこないものだ」
愛想笑いしてみんながいいねという程度では駄目だということ。
その他に繰り返し発していた言葉が、「違う」
なにがいいかはわからないが、違うということだけはわかる、ということだ。
自分も創造的な仕事をしている端くれとして、そのことはわかる気がする。
いや、わかっているものの、ついつい安易な方向に行ってしまうことがある。
それは「自分にはね返ってくる」と指摘されてしまっているように正にその通りだ。だから自分に痛いほど沁みてしまった。
かつての宮崎駿の特集番組で、アニメーターに、「ここにお前の生きる姿勢が出てしまっている」というような内容でそのシーンを何度も書き直させている場面があった。
人が驚く時、身を乗り出すか引いてしまうかでその人の人生が出てしまう。
それは人柄という意味ではなく、人生に対する姿勢そのものだという。
また、(今回のプロフェッショナルではなく)その番組で印象的だった言葉をもうひとつ書いておこう。
ストレスのない社会がいいというけれど、そういう状態ではいいものは創れない。
自分の才能の100%出したって無理。120%以上出さないと駄目だ。
そうして辿り着いた先にはじめて世界の秘密を知ることが出来る。

NHK プロフェッショナル
>> http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070327/index.html

【この記事は後日加筆修正する予定です】

|

« 役員報酬について | トップページ | オーダーシャツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/5889838

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル・宮崎駿:

« 役員報酬について | トップページ | オーダーシャツ »