« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の28件の記事

2007.04.30

携帯電話のマナー

電車に乗ると、大抵車掌のアナウンスがある。
よくあるのが、
「優先座席では携帯電話の電源をOFFにし、その他の場所ではマナーモードにし通話はご遠慮ください」
というパターン。
阪急電車では先頭と最後尾車両はまるごと携帯電話電源OFF車両となっている。
新幹線でもマナーモードとし、通話する場合はデッキにでて話さなくてはいけない。

でもここでごく素朴な疑問がある。

携帯電話は携帯している物なのに、どうして電車内で使ってはいけないのか。

続きを読む "携帯電話のマナー"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

GAP PREMIUM GOLD

今日は、開店直後のGAP心斎橋店に行って、ジーンズを購入。
GAPのジーンズは初めてです。
前もってGAPのHP(gap.co.jp/)で調べてみたけれど、詳しく載っていない。
"Men"で"GAP DENIM"を見ても、スリムなフィット←→ルーズなフィットと大きな括りがあり、順に、skinny, extraslim fit, slim boot fit, straight fit, easy fitとあるだけ。値段も載ってない。
だったら行ってみるしかない。
ということで行ってみた。

続きを読む "GAP PREMIUM GOLD"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.29

無印良品10%OFF

2007/4/27(金)〜5/6(日)
無印良品 10%OFF
です。

ありがたいです。
ということで、今日は弁天町のコーナンで猫の砂なんかを買ってから、そのまま車でなんばの無印良品までお買い物です。

続きを読む "無印良品10%OFF"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.04.28

BABEL

Babel

Img_174706_4302068_0

「バベル」
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子ほか

公式サイト:babel.gyao.jp/
公式ブログ:blogs.yahoo.co.jp/babel_blog

映画館:なんばパークスシネマ(www.parkscinema.com/
4月28日17:10〜

Banner

続きを読む "BABEL"

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2007.04.27

SKETCHES OF FRANK GEHRY

Sketchesoffrankgehryposter0 今日、柳々堂さんが見計らいの本を持ってきてくださったついでに、映画のチラシを持ってきました。

シドニー・ポラック監督がフランク・ゲーリーの映画を撮り、今夏日本でも上映されます。
前売り買って〜ということです。

ちなみに大阪では梅田スカイビルのシネ・リーブル梅田で上映予定です。

http://sketch.cinemacafe.net/
http://www.wisepolicy.com/

続きを読む "SKETCHES OF FRANK GEHRY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.26

SAW2

ソウ2 DTSエディション

ソウ2
もちろん"SAW"の続編
前回の完全密室から外に出なかったストーリーから少しだけ行動範囲が部屋から建物全体へと広がっている。 

続きを読む "SAW2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.25

「つづけてきたこと」二人展

「つづけてきたこと」二人展
「伊豆高原の家」のクライアントであります浜野さんの展覧会が始まりますのでご案内致します。

●つづけてきたこと
畠山由起英+浜野章子
二人展

2007年5月18日(金)〜19日(土)11:00〜19:00
20日(日)11:00〜17:00
イチーズギャラリー
東京都港区南青山2-11-14イチーズビル3F


写真は携帯で撮ったので、ちょっと写りが悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アール・ヌーヴォー 超入門 第3回《最終回》

アール・ヌーヴォー 超入門 第2回の続編で、最終回です。
まとまっているというより、無理矢理終わらせました。

ベーレンスからヴァーグナーまで

続きを読む "アール・ヌーヴォー 超入門 第3回《最終回》"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.24

アール・ヌーヴォー 超入門 第2回

アール・ヌーヴォー 超入門
第1回の続き、第2回です。

まずは、建築初のアール・ヌーヴォーであるオルタのタッセル邸から。

続きを読む "アール・ヌーヴォー 超入門 第2回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「給料格差」

「プレジデント」最新号(2007 5.14号)の特集が、

あなたは高給か、薄給か!
「給料格差」大図鑑

です。
今日会ったあの人は一体いくらくらい貰っているんだろう、とか、自分の仕事の対価が一般的にどれくらいなのか、とか気になりませんか。

「年齢・役職・学歴・会社別」2156万人全データ公開! とあるので興味津々です。
その中でぼくが気になった項目をいくつか書いてみようと思います。

続きを読む "「給料格差」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.23

英語でしゃべらナイト

NHKの「英語でしゃべらナイト」が好きで、見られる時間帯に帰宅したらできるだけ見るようにしています。
今年の4月に編成替えがあって、釈由美子とNHKの松本アナウンサーが卒業し、入れ替わりに押切もえ、八島智人、青井実(NHKアナウンサー)がレギュラーになった。
比較的釈由美子は好きな方だったし、松本アナウンサーもこの番組のお陰で結構気に入っていた。

続きを読む "英語でしゃべらナイト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.22

21 GRAMS


21グラム

2003年 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)監督作品
出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ

来週公開の映画「バベル」の監督であるアレハンドロ・ゴンザレス・イニャルトゥの前作。
「バベル」を見る前におさらいという意味を込めて見た。
今回で2回目。

続きを読む "21 GRAMS"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SAW


SAW ソウ DTSエディション

DVDを借りて見ました。
ジャンルが苦手なので、類似作品で言うと、デヴィッド・フィンチャーの「SE7EN」のような作品。
シリーズ化されているようです。
[SAW - OFFICIAL MOVIE SITE]
www.sawmovie.com/
sawmovie.jp/

ちなみに、上段が英文、下段が日本語サイトであるが、英文のものは、正直苛つきます。

続きを読む "SAW"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.21

アール・ヌーヴォー 超入門 第1回

一年前に、東欧旅行する前に調べたものです。
題して「アール・ヌーヴォー 超入門」

まずは、近代建築の超概要から

近代・総まとめ
18世紀中頃(後半)〜1945年
  三つの革命 ・科学革命(G. Galilei, I. Newton)*1     理論
   ↓    ・産業革命                    技術
   ↓    ・市民革命(フランス革命 1794.7.27)    思想
  近代 19世紀 Keyword 理性

19世紀……古典主義・ロマン主義・折衷主義   近代以前
           ↑
      歴史主義(revivalism)
       産業革命の成果を取り入れられず様式に逃げる

     建築家 vs 工学技術 技術家

      美   建築家
      用・強 技術家


*1 佐々木力著『科学革命の歴史構造〔全2冊〕』岩波書店. 1985

続きを読む "アール・ヌーヴォー 超入門 第1回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.15

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
主演:オダギリジョー、樹木希林
劇場:梅田ブルク7
時間:18:10〜20:45
Website:http://www.tokyotower-movie.jp/

続きを読む "東京タワー オカンとボクと、時々、オトン"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

EDWIN 503 SLIM

本日購入のジーンズ
またEDWINです。
今度は、前回買ったものと同じ系列でちょっとだけ違う。

続きを読む "EDWIN 503 SLIM"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007.04.14

ANGEL-A

アンジェラ スペシャル・エディション

アンジェラ
2005年 フランス モノクローム
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャメル・ドゥブーズ、リー・ラスムッセン
angel-a.jp/

続きを読む "ANGEL-A"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.12

カテゴリーについて

カテゴリーについて

続きを読む "カテゴリーについて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.11

HOTEL RWANDA

ホテル・ルワンダ
www.hotelrwanda.jp/index.html

1994年、ルワンダで大量虐殺行なわれた。約100日で100万人の犠牲者が出たらしい。 これはそういう混乱の中、1200人以上の命を救ったホテル支配人の物語。

続きを読む "HOTEL RWANDA"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.10

プロフェッショナル・隈研吾

NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」は建築家隈研吾でした。
隈研吾の講演会にはこれまで2度聞きに行ったことがある。
時期が近かったせいか、ほぼ同じ内容のものだった。内容は、他の建築家の講演とは違っていた。
大抵の建築家は、その作品性について語る。
光の入り方がどう、構成がこう、コンセプトはこう、そしてその建築家が考えている「建築とは」という概念的な話など。議論できない者は建築家ではない、ということからくるものだ。
ところが隈研吾の講演会の内容はかなり生々しく、具体的なものだ。

続きを読む "プロフェッショナル・隈研吾"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.09

SYRIANA

シリアナ (UMD Video)

「シリアナ」
出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモンほか

WOWOWで録画していたものを見た。
正直、よくわかりませんでした。
政治的なことを勉強してから見直そうかと思います。

続きを読む "SYRIANA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.08

EDWIN 503 BLUE TRIP

日記なので、ブログ公開とは意味合いの違う個人情報となりますが、
今日は久々にジーンズを買いました。

続きを読む "EDWIN 503 BLUE TRIP"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

CRASH

クラッシュ ディレクターズカット・エディション

4度目のCRASHです。

何度見ても素晴らしいです。

どうしてこんないい映画が撮れるのだろうと思うくらいです。
 

続きを読む "CRASH"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.07

ものを大切にする心とエコロジー

日本人には「もったいない」というすばらしい言葉とその心があります。
いいですね。ものを大切に使って長持ちさせたいというのはいい心がけです。
しかし、それも場合によります。すべてに当て嵌まらなくなってしまっています。

続きを読む "ものを大切にする心とエコロジー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.05

鉄道員

鉄道員

NHK BSでみた。(「ぽっぽや」ではありません)
原題「Il Ferroviere」1956年イタリア モノクロ
監督・脚本・主演:ピエトロ・ジェルミ(Pietro Germi)

続きを読む "鉄道員"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.03

一番重要なことは語られない

「人は努力したことしか語らない」というお話。
あるいは「本当に大切なことはことばにしない」というお話。

続きを読む "一番重要なことは語られない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.02

クレームについて

生きているといろんなことを経験的に学ぶことができる。
これまで多少なりとも「真理」に少しだけ近づくことができたのではないかと思う事柄があったりする。もちろん「真理」なんて到底遙か彼方のことであるけれども、ものの「本質」に少しだけ近寄った、あるいは垣間見ることができた、と思うことがある。
別の言い方をすれば世界に近づいたということになるかもしれない。
これまでに気がついたことを挙げてみると、ひとつは、世界はバランスをとるようにできていること、もうひとつは、一番重要なことは語られないこと。

2年ほど前にやっと気づいたことを一言で言うと、クレームは安物買いの時ほど多い。
上記の2つに比べたら本質でもなんでもないような感じだが、自分にとっては、これに気づいてさっと霧が晴れるような気がした。

続きを読む "クレームについて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01

エロス

アリストパネスの話

昔人間の姿は今と同じではなかった。
まず、性別が男性、女性、両性の三種類あった。
丸々と太っており、4本の手、4本の足、首の上には2つの顔を持っていた。
彼ら3種族いずれもとても力強く、高い志も持っていた。
そこで、神々に謀叛を企てた。
ゼウスをはじめとする神々は、彼ら人間をいかに始末すべきかを相談した。せっかくよくできた人間を抹殺してしまうのももったいない。
そこでゼウスはこう言った。彼らを真っ二つに切断しよう。そうすれば、彼らの力は今よりも弱いものとなるだろうし、数も増えるからわれわれ神への供物の面でも一層の役に立つはずだ。
そしてゼウスは人間を半分にしてしまった。

そして人間は今の姿となる。

失われた自分の片側を求める想い。それがエロス(愛)である。

    ープラトン『饗宴』より、簡単にまとめた内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »