« キーラ・ナイトレイ、シエナ・ミラーになりたい! | トップページ | BATMAN FOREVER »

2007.05.27

帰ってきた時効警察

Logo

やっと再開してくれた「帰ってきた時効警察」も残り2話となってしまった。
寂しくなります。

そこで、今回はドラマの脇を固める時効管理課のメンバーについて調べてみた。
Book_jikou_1 岩松了(熊本課長):【いわまつ・りょう】
1952年3月26日長崎生まれ。自由劇場、東京乾電池を経て現在に至る。
劇作家、演出家、俳優。
1989年「蒲団と達磨」で第33回岸田國士演劇賞、竹中直人監督作品映画「東京日和」で第21回日本アカデミー賞脚本賞を受賞。
前回の「時効警察」では全エピソードではないが脚本、監督も担当していた。

Matarai ふせえり(又来):
1962年9月22日東京都生まれ。本名、布施絵里。住田隆とともにお笑いコンビビシバシステムを結成。人力舎所属。

ビシバシステムには西田康人が在籍していたが1994年に脱退、後に緋田康人と改名し「時効警察」では蜂須賀(十文字の相棒)として出演している。

彼女のテンポがとてもいいですね。あのコミカルな動きがいいです。

Saneie 江口のりこ(サネイエ):
1980年4月28日兵庫県生まれ。本名、江口徳子(えぐち・とくこ)。2000年、劇団東京乾電池入団。ノックアウト所属。

前作「時効警察」の時には、ピンク色の手動シュレッダーをこきこき回していて、いいなと思って探しましたが、見つけられませんでした。

Makade 小出早織(真加出):
1988年5月29日京都府出身。スターダストプロモーション所属。
小出早織ブログ「かたっぽなくしたてぶくろ」
blog.oricon.co.jp/koidesaori/

毎回、タバコの銘柄のデザインの紙袋で出勤しているのが面白い。
それも「わかば」とか「ハイライト」とか昔からデザインを変更していない銘柄が選ばれているのがいいです。

 

Inuyamainuko 犬山イヌコ(「早め亭」のオバチャン):
1965年12月16日東京都生まれ。舞台俳優、声優。劇団ナイロン100℃所属。
テレビアニメ『ポケットモンスター』のニャース役、『みどりのマキバオー』のマキバオー役が有名。
彼女が所属しているナイロン100℃の主催者であるケラリーノ・サンドロヴィッチは「帰ってきた時効警察」の脚本を提供している。

前作「時効警察」では「多め亭」だったが、「帰ってきた時効警察」では店名を「早め亭」と変え、事件解決のヒントを提供してくれている。
さらに、今回小出早織演ずる真加出の母であることも判明。
声優だけあって、特徴ある声で、短い出番でありながら強烈な印象を与えるキャラクターとなっている。

|

« キーラ・ナイトレイ、シエナ・ミラーになりたい! | トップページ | BATMAN FOREVER »

コメント

熊本課長!
劇作家、演出家、さんだったんですね!
しらんかったです。勉強になるなぁ。

投稿: P | 2007.05.29 08:49

Pさん

コメントありがとうございます。
記事の内容を加筆しました。
そうなんです。岩松了はちょっとすごい人だったりするのですよ。

投稿: pinkopaque | 2007.05.29 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/6558714

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた時効警察:

« キーラ・ナイトレイ、シエナ・ミラーになりたい! | トップページ | BATMAN FOREVER »