« BOOK REVIEW | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2007.08.05

裁判官のお言葉

判決




裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書 な 3-1)


裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書 な 3-1)


著者:長嶺 超輝

販売元:幻冬舎

Amazon.co.jpで詳細を確認する


この言葉に半ば打ちのめされました。

一般のわれわれが言う忙しさなんてたかが知れてます。

これからは簡単にこの言葉を口にしないでおこうと決めました。

|

« BOOK REVIEW | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

コメント

この本、というより裁判官って
ユーモアの表現方法が一般の人と違っていて面白く感じてしまうんですが。

ただその人の人生を買える判断を下して伝える際にこの威力を発揮するのは、
ねぇ。

さだまさしの曲をたとえに出した裁判報道を聞いた時には
頭を抱えた覚えがあります。

投稿: misa_chica | 2007.08.06 00:09

misa_chicaさま

コメントありがとうございます。
ずぼらなせいで、今までコメント頂いていたことに気づきませんでした。失礼致しました。
さて、確かに裁判官って独特のユーモアのセンスを持ち備えているのかもしれませんね。
ある意味、職業的嗜好なのかもしれません。
たしかに、さだまさしを譬えに出されてしまっても、です。

投稿: pinkopaque | 2007.08.19 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/7422115

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官のお言葉:

« BOOK REVIEW | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »