« 舞子から | トップページ | 環境問題のウソ »

2008.08.16

だったら袋に入れてくれ

 コンビニでペットボトル1本だけ買ったりする場合、店員に、「このままでもいいですか?」と訊かれたり、こちらから「このままでいいよ」と言ったりする時があります。
 要するにコンビニ袋は要らないよ、です。

 その時、多くの場合、ペットボトルの胴の部分なんかに店のテープを貼ろうとしますが、これが許せない。
 先日も103円のチョコを買ったときのこと。
「このままでええよ」
 と言うと、黙ってテープを貼ろうとしたので、慌てて「貼らんといて!」と言ったが貼る方が早かった。
 すぐさま、
「貼るんやったら袋に入れてくれ」
 と申し出た。
 店員が、袋なしの場合、「おしるし」を貼ることになっています、とか言うけど、剥がして袋に入れてもらった。

 つまり、このテープの意味が全くもってよくわからん。

   * * *

 おそらく店側の理屈では「会計済み」という「しるし」なんだと思います。
 でも、よく考えてみると、そんなことはほとんど意味がない。

 まず、ほとんどの客はそのまま再び店内で買い物を続けることはありません。
 詳細のデータをとる必要までない気はしますが、会計後すぐに店を出ます。
 つまり、そのわずかなために印は意味がありません。

 では、会計後、再び店内で買い物を続けるケースがあるという場合ですが、あんな小さな印では意味がない。手で持っているとなれば手で隠れてしまう。
 だったら袋に詰めてもらって再び店内で買い物をする方が万引きしやすくなるはずだ。

 じゃあ、こんな場合はどうでしょう。
 買い物を済ませて一旦店を出たものの、別の買い物を思い出してもう一度店に入った。
 しかし、この場合もそのテープには意味がありません。
 店の横に自販機があってそこから買った商品とそうでないとこの区別に全くの意味がないからです。
 そもそも考えてみれば分かることです。

 ということで、いずれの場合も意味がない気がしてなりません。
 意味ないでしょ。

 そんなこと気にするなと言われそうですが、こっちとしては、コンビニ袋を要らないと申し出ているわけです。つまりは悪意ではなく善意で申し出ています。さらに店側にわずかながら経費削減協力しているのだとすれば(もしそれは関係ない場合でも店側にとってコンビニ袋をひとつ出さないということがマイナスにはならないはず)なぜ、そのことで自分が買った商品に傷を付けられなければならないのかがわかりません。
 傷というのはたしかに大袈裟かもしれませんが、ぼくが欲しいのはたとえば「午後の紅茶」であって店のシールがついた見映えの悪い「午後の紅茶」ではありません。
 
 これでわかったらシールは貼るなよ。
 どうしても貼りたかったら自分の顔にでも貼っておけ。
 
 

|

« 舞子から | トップページ | 環境問題のウソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/23017133

この記事へのトラックバック一覧です: だったら袋に入れてくれ:

« 舞子から | トップページ | 環境問題のウソ »