« Brangelina(ブランジェリーナ) | トップページ | 「壁」の国がたたえる自由 »

2009.02.09

ロバート・プラントとモーガン・フリーマン

グラミー賞の発表があってだらだらと見ていた。
個人的には今回のグラミー賞はほとんど関心がない。
要は誰も知らないし、聴いたこともないからだ。

ロバート・プラントが何部門かで受賞していた。
そのひとつが最優秀ポップ・コラボレーションというのにびっくり。

受賞曲である「リッチ・ウーマン」という曲を聴いてないからわからないけれど、ロバート・プラントがポップだなんて!
そう思いませんか。
ロックじゃなくなったのか!


   ***

プレゼンターの紹介で、
"Please welcome, Morgan Freeman!"
と紹介された。
名優モーガン・フリーマンは昨年大変な自動車事故で生死を彷徨っているという報道があったほどだ。その知らせを聞いてからはじめて見ることになる。
気になったのが利き腕である左手に黒い手袋がはめられていたことだ。そこがひとつも動いているように見えない。見ようによっては義手のようにも見える。すごく気になります。

【Wikipediaの記事】

2008年8月3日深夜、自動車を運転し自宅に戻る途中に車道の路肩を飛び越え横転、命に別状は無かったものの骨折などの重傷を負い、テネシー州メンフィスの病院に搬送された。その際、レスキュー隊に救出される時に多くのやじ馬が周囲を撮影しようとしたところ「ただ撮りはダメだよ」と冗談まじりに話していた。

He broke his shoulder, arm and elbow in the crash and had surgery on August 5, 2008. Doctors operated for four hours to repair nerve damage in his shoulder and arm. His publicist announced he is expected to make a full recovery.

シネマトゥデイの記事によると利き手である左手の神経が切れていたようです。
cinematoday.jp/page/N0014780

音楽の話題に戻りましょう。
オープニングはU2でした。
コールドプレイも多部門で受賞したみたいだけれど、コールドプレイってどうなんだろうかと正直思う。
"Viva La Vida"は確かにいい曲だと思うけれど、ヴォーカルが絶望的に下手過ぎる。腹から声を出せ!


|

« Brangelina(ブランジェリーナ) | トップページ | 「壁」の国がたたえる自由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213747/27937351

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・プラントとモーガン・フリーマン:

« Brangelina(ブランジェリーナ) | トップページ | 「壁」の国がたたえる自由 »