カテゴリー「建築」の13件の記事

2008.11.12

安藤忠雄×深澤直人

中ノ島公会堂で行なわれた講演会。

Unionlecture


前座が安藤忠雄と書くと贅沢の極みに聞こえます。
関西の大御所のお笑い芸人風とも言えるかもしれない喋くりと、関東のスマートなプレゼンと語り口を両方味わえるという贅沢な講演会となりました。

続きを読む "安藤忠雄×深澤直人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

映画『鳥の巣 北京のヘルツォーク&ド・ムーロン』予告編/Bird's Nest Herzog & de Meuron in china

大阪でやるんですか?

続きを読む "映画『鳥の巣 北京のヘルツォーク&ド・ムーロン』予告編/Bird's Nest Herzog & de Meuron in china"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.08

Beijing 2008

National_stadium

いよいよ開催です。
開会式の演出は中国が世界に誇る映画監督張芸謀によるものだそうで、それだけでも楽しみです。

 

続きを読む "Beijing 2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

緑地にして欲しい

緑地にして欲しい
緑地にして欲しい

大阪最後の一等地、北ヤードの2期区のプログラムが決まらないようです。
夕刊のトップ記事です。

無理にハコモノなんか建てる必要なんかありません。
緑地にしてください。


だいたい大阪はは緑が少ないねん。少なすぎるねん。

続きを読む "緑地にして欲しい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.08

ボルドーの家

レム・コールハースの代表作「ボルドーの家」の動画がみられます。
KOOLHAAS HOUSELIFE
>>www.bekafilms.it/2007/09/koolhaas-houselife.html
>>www.bekafilms.it/html/showreel_koolhaas.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

ハンブルグ科学センター by OMA

Z_de_news_121_science_center725x300

www.hafencity.com/index.php?set_language=de&cccpage=service_listeneintrag&show=news&item=121
architecturephoto.net/jp/2008/01/oma_2.html

Z_de_news_121_science_center500x300

すごい造形です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.27

SKETCHES OF FRANK GEHRY

Sketchesoffrankgehryposter0 今日、柳々堂さんが見計らいの本を持ってきてくださったついでに、映画のチラシを持ってきました。

シドニー・ポラック監督がフランク・ゲーリーの映画を撮り、今夏日本でも上映されます。
前売り買って〜ということです。

ちなみに大阪では梅田スカイビルのシネ・リーブル梅田で上映予定です。

http://sketch.cinemacafe.net/
http://www.wisepolicy.com/

続きを読む "SKETCHES OF FRANK GEHRY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.25

アール・ヌーヴォー 超入門 第3回《最終回》

アール・ヌーヴォー 超入門 第2回の続編で、最終回です。
まとまっているというより、無理矢理終わらせました。

ベーレンスからヴァーグナーまで

続きを読む "アール・ヌーヴォー 超入門 第3回《最終回》"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.24

アール・ヌーヴォー 超入門 第2回

アール・ヌーヴォー 超入門
第1回の続き、第2回です。

まずは、建築初のアール・ヌーヴォーであるオルタのタッセル邸から。

続きを読む "アール・ヌーヴォー 超入門 第2回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.10

プロフェッショナル・隈研吾

NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」は建築家隈研吾でした。
隈研吾の講演会にはこれまで2度聞きに行ったことがある。
時期が近かったせいか、ほぼ同じ内容のものだった。内容は、他の建築家の講演とは違っていた。
大抵の建築家は、その作品性について語る。
光の入り方がどう、構成がこう、コンセプトはこう、そしてその建築家が考えている「建築とは」という概念的な話など。議論できない者は建築家ではない、ということからくるものだ。
ところが隈研吾の講演会の内容はかなり生々しく、具体的なものだ。

続きを読む "プロフェッショナル・隈研吾"

| | コメント (0) | トラックバック (1)