カテゴリー「アート」の14件の記事

2009.05.23

元永定正展

R0010783

美崎慶一との再会を果たした感慨に耽る間もなく、今度は車で三重県立美術館に向かう。
元永定正展に行くためだ。
1時半頃に自宅を出発し、阪神高速〜名神高速〜新名神高速〜伊勢自動車道と乗り継いで、津ICまで約1時間半くらい。
Googleマップ検索で2時間8分との近似値に驚きながら、長閑としか言いようのない津IC周辺から三重県立美術館まで迷うことなく到着した。

続きを読む "元永定正展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美崎慶一展

Misakik

午前中に近所の老舗画廊である信濃橋画廊の「美崎慶一展」に行ってきた。
今日が最終日で、水曜と今日が在廊ということで、この日に合せたのだ。

続きを読む "美崎慶一展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

「フェルメールの暗号」

21時から放送された特別番組「世界芸術ミステリー『フェルメールの暗号』〜光の天才画家の作品と生涯の謎を解く〜」を見た。
民放のこの手の番組は大袈裟過ぎます。2時間もいらん内容だし、なんとも中途半端な出演者たち。
やっぱりこの程度か、というのが正直な感想です。

そもそもミステリーなんて言い方は腑に落ちない。
暗号じゃなくてアトリビュートだろ。
ミステリーじゃなくて無知なだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.26

美術検定受験

Art_test

>>www.bijutsukentei.jp/

2008年度第2回美術検定の2級を受験してきました。
昨年の第1回目で同じく2級を受験しましたが、見事に転んでしまい2度目の挑戦となります。

受験地は大阪です。昨年と同じく京橋のNTT研修施設ですが、今年は受験者数が倍増したからか体育館にての受験です。

試験内容はさておき、今回の試験方法にちょっと疑問でした。

会場が体育館にテーブルと椅子を並べてという状態だったのですが、部屋が暗いのです。試験問題を読むには照度不足を感じざるを得ない。
11時から90分の試験ですが、なんと本人確認がありませんでした。免許証などの本人であることの確認できるものを持参して、試験中に試験監督がチェックするということが受験票に書かれていましたが、行なわれていません。
結構いい加減です。
試験終了も唐突で、「あと5分です」などのアナウンスなども一切なく、「終わりました」と一言だけでした。

なんとも消化不良気味な受験体験だったと思います。

ちなみに自己採点してますが、かなりむつかしい感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

大阪時間

大阪時間
大阪時間

大阪時間です。

ここは大阪証券取引所ビル。

松井紫朗の作品


大阪時間
>>www.osaka-art.jp/genbi/exhibition/kaleido_08/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

ビルの窓

中之島にあるリーガグランドホテルが今月末で閉店してしまうようです。50年の歴史にその幕を下ろします。

Kc3a0048_2 Kc3a0049 

 

なかなかいいデザインの建物なのにもったいないなあと、見ていると、東隣地側の壁に綺麗な窓が見えます。

絵に描いたような窓です。

でも絵に描いた窓ではありません。




続きを読む "ビルの窓"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.21

我家のアート

Our_cats

Louis-Jean Delton II, Jump with rope, 1904
Gelatin silver print (printed in 2001),
178 x 239 mm
Hermes Archives, Paris

ルイ=ジャン・デルトン(二代目)
《縄跳び》1904年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

美術検定

「美術検定」なるものを受けてきた。
今日がその試験日だったのだ。

去年まで「アートナビゲーター検定」というものだったが、今年から「美術検定」と名前が変わったらしい。
らしい、と書いたのは、実は偶然この試験のことを知って、なんとなく申し込んだから、なんだかよくわかっていないのだ。

続きを読む "美術検定"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.18

北欧モダン デザイン&クラフト

Nor1

www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/nordic.html

京都市美術館で開催されている「北欧モダン デザイン&クラフト」展に行ってきた。
この美術館はもしかしたら初めてかも知れない。
向かいにある槇文彦による京都国立近代美術館は何度も行っているけれど。
阪急梅田から烏丸まで行き、そこからバスに乗った。

平日の午前中ということもあってか、学生と女性がほとんどだった。

展示方法は基本的に作家主義。作家ごとに分けて展示されている。

続きを読む "北欧モダン デザイン&クラフト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.06

ロダンについての覚書

先に書いたロダンに関する内容があやふやな記憶とドグマに満ちていたので、こちらに覚書として調べたことについて書いておくことにします。
菅原教夫著『やさしい美術』(読売新聞社、1992年刊)に書かれていたものをまとめてみました。

続きを読む "ロダンについての覚書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)